西京漬けの極み「京華漬け」

商品のご案内
京華漬「竹皮包み」
京華漬「すだれ巻」
京華漬「孟宗竹割蓋」
京華漬「詰合せ」
京華漬「おひとつ包装」
京華漬&日本酒セット
京華鮨「鯖」
蔦の家のこだわり
伝統
味噌
包装
素材
その他のご案内
お召し上がり方
お支払い方法・送料
TV・雑誌掲載
店舗のご案内
お問い合わせ(カタログ請求)
カートの中身を確認
ポイントを確認
蔦の家のこだわり「伝統」
伝統の味「京華漬」
蔦の家では、京都で生まれた西京漬を
蔦の家独自の製法によって「京華漬」を創りあげました。
「京華漬」は、優美な京都の味と華のお江戸の粋を融合した
至高の逸品です。
長い年月をかけて育まれた日本古来の伝統の味は、
多くの人々に愛され続けています。
蔦の家の歴史
昭和12年、割烹として創業した「蔦の家」は、
政財界や各界の著名人のお客様よりご贔屓いただきました。
蔦の家では日本料理のみならず、
懐石弁当や西京漬などの新しい商品開発に積極的にチャレンジし
多くの人気商品が誕生しました。
その後、料亭や各地の有名百貨店で
「蔦の家」の西京漬としてご愛顧いただきますとともに、
また、季節のご贈答用やご家庭で広くご賞味いただいております。
西京漬のはじまり
西京漬は、その名の通り西の都・京都で誕生しました。
もとより京の都は内陸にあるため、冷凍保存のなかった当時は
新鮮な魚を食することが困難でした。
そこで都人たちは知恵をしぼり、魚を味噌に漬け込んで
長く保存することを考えました。
その方法は多くの町人の間に広まり、
保存食として京都に定着していきました。
その後、江戸の元禄時代になると、諸国との往来も盛んになり
京都の西京漬も江戸にもたらされ、
多くの美食家たちの間で評判となりました。
 ページの先頭へ
| 店舗のご案内 | お問い合わせ | お支払い方法・送料 | プライバシーポリシー | カートの中身を確認 | ポイント確認 |
Copyrights (C) 2006.All rights reserved by Tsutanoya